横芝光町

  1. /
  2. 市区町村
  3. /
  4. 横芝光町

千葉県横芝光町

概要

横芝光町(よこしばひかりまち)は、2006年(平成18年)3月27日に千葉県山武郡横芝町と匝瑳郡光町が合併し、新たに発足した町[1]。 千葉県北東部に位置する人口約2万人の町。

歴史

縄文前期:この頃現在の当町の大部分は海であった(縄文海進)。
縄文中期:当町の北部の中台などには、この頃の人類の生活跡である貝塚がいくつか残されている。
縄文後期:この頃、栗山川の河口部に形成されたラグーンが坂田池や乾草沼として残されている。
縄文晩期:東京湾岸方面では人口の減少があったが、九十九里沿岸では引き続き人類の生活が認められ、当町姥山にはこの頃の標式遺跡である山武姥山貝塚が残されている。
弥生時代:この頃、海岸線の後退が著しく、現在の平野の部分に陸地が広がり、稲作が盛んになった。
古墳時代:この頃、当町小川台に下海上国造との関係が推定される小川台古墳群が、中台に武社国造との関係が推定される芝山古墳群が作られた。
平安時代:当町屋形に平高望や良兼などの平氏の拠点あり、高望の孫の将門が反乱を起したので、難波津(現在の大阪府大阪市)から寛朝僧正が下向し、公津ヶ原(現在の成田市)で平和祈願の祈祷をした。
室町時代:当町篠本に連郭式城郭の初めとされる篠本城が、坂田に舌状台地築城の手本とされる坂田城が作られた。
江戸時代:幕末には伊能忠敬や海保漁村を輩出し、明治維新後の日本の近代化につながった。
沿革
横芝光町発足前
1897年(明治30年)6月1日 - 横芝駅が開業。
1953年(昭和28年)5月18日 - 国道126号が制定。
1998年(平成10年)3月30日 - 千葉東金道路松尾横芝ICが供用開始[2]。
2006年(平成18年)3月25日 - 銚子連絡道路横芝光ICが供用開始[3]。
横芝光町発足後
2006年(平成18年)3月27日 - 山武郡横芝町と匝瑳郡光町が合併し、横芝光町が発足[1]。
2011年(平成23年)3月11日 - 東北地方太平洋沖地震による津波で防砂フェンスの破壊、町内が冠水するなどの被害を受けた[4]。

調査依頼相談前に読んでほしい記事

トラスト・アイ総合探偵事務所|調査項目

調査依頼相談はこちらから

  • 埼玉県深谷市の浮気調査|トラスト・アイ総合探偵事務所 代表者挨拶

    埼玉県深谷市の浮気調査|トラスト・アイ総合探偵事務所

    当探偵事務所が浮気調査・不倫調査を専門に行っているのは、浮気は大切な方や家族を裏切る最も卑劣な行為だからです。

    「浮気調査をして、浮気の証拠が取れたら終わり」ではなく、離婚訴訟や解決に導くためのアドバイスも行っております。離婚問題に詳しい弁護士や離婚相談アドバイザーとの連携・行政書士との提携など、 「浮気の証拠は取れたけど、何をどうして良いか判らない」 といった皆様のお手伝いもしております。

  • 調査対応地域一覧


cookieについて

探偵業登録 埼玉県公安委員会 第43150035号
運営管理:トラスト・アイ総合探偵事務所深谷市相談窓口

Copyright © 2022 【女性専用】埼玉県深谷市の浮気調査|トラスト・アイ総合探偵事務所女性専用の探偵事務所|トラスト・アイ総合探偵事務所 All rights reserved.