東庄町

  1. /
  2. 市区町村
  3. /
  4. 東庄町

千葉県東庄町

概要

東庄町(とうのしょうまち)は、千葉県香取郡にある町である。中世の荘園東庄(東荘)にちなんで東庄町と名づけられた。通勤率は、神栖市へ14.5%、香取市へ12.4%(いずれも平成22年国勢調査)。

歴史

古くは、香取海に面した重要な地であり、古代においては陸奥国へ通じる交通の要衝であった。 平安時代中期、長元2年(1029年)の平忠常の乱で房総一帯が忠常の支配下に入り、当町の中央部に残る大友城跡を忠常の居城に比定する説もある。乱は数年後には平定され、忠常は降伏したが子孫達は処刑される事も無く千葉氏と称して房総一帯に繁栄した。その重要な根拠地として東庄があり、源頼朝に重臣として仕えた千葉常胤の第六子胤頼は、東氏を称して東庄を根拠地とし戦国期に至るまで歴代にわたって繁栄し、その総鎮守として東大社が崇敬された。この神社の沿革は古代に遡るもので、平安時代末期以来伝えられている20年に1度の銚子外川浜までの神輿行列が渡御する神幸祭が今なお続けられている。

近世に入り、千葉氏一族である東氏もここで没落し、徳川氏の関東入国後天正検地が行われた。当地には後の小見川藩初代藩主松平家忠が藩主となった上代藩が短期間おかれただけで家忠以後大名は配置されず、幕府直轄地や大名、旗本の小規模領地が複雑に入り組んで配置され幕末に及んだ。江戸末期には「天保水滸伝」のような事件が発生するなど、この地に博徒が横行したが、その一方、学問も盛んで江戸後期には平田篤胤が逗留したこともある。また旧笹川村からは林半兵衛のような和算家も輩出されている。

明治維新後、笹川村、神代村、東城村、橘村が形成され、商業、水産や農業が盛んとなった。昭和6年(1931年)には国鉄成田線が笹川まで延伸され、同8年(1933年)には下総橘を経て松岸まで開業した。当時茨城県側からは渡し船で当地と連絡しており、交通、教育、商取引の面で関係が深かった。その後、昭和30年(1955年)7月には合併により当町「東庄町」が誕生する。昭和46年(1971年)3月に、当町と利根川対岸の神栖市にまたがる塩害防止と水資源確保を目的とした全長約1キロメートルの東洋一の河口堰である利根川河口堰が完成した。また対岸の神栖市や鹿嶋市などで、昭和30年代から鹿島臨海工業地帯の開発が行われ、それに伴う人口増により当町内にも住宅団地が造成されるなど、現在も利根川対岸の茨城県との関係が深い。

沿革
1944年(昭和19年)12月3日 - B-29撃墜事件(旧・神代村)。
1945年(昭和20年)7月4日 - 笹川駅前入正醤油近くでP-51による機銃掃射。一人が死亡。
1955年(昭和30年)7月20日 - 笹川町・橘村・神代村・東城村の1町3村が合併し、東庄町が発足。
1956年(昭和31年)4月15日 - 櫻井地区が干潟町へ編入
1961年(昭和36年)9月1日 - 東庄町の一部を干潟町へ編入
1965年(昭和40年) - 国道356号が制定。
1971年(昭和46年)1月 - 利根川河口堰が竣工。
2007年(平成19年)11月13日 - 東洋合成工業千葉工場(東庄町工業団地)にて爆発事故。二人死亡。重軽傷者数名。

調査依頼相談前に読んでほしい記事

トラスト・アイ総合探偵事務所|調査項目

調査依頼相談はこちらから

  • 埼玉県深谷市の浮気調査|トラスト・アイ総合探偵事務所 代表者挨拶

    埼玉県深谷市の浮気調査|トラスト・アイ総合探偵事務所

    当探偵事務所が浮気調査・不倫調査を専門に行っているのは、浮気は大切な方や家族を裏切る最も卑劣な行為だからです。

    「浮気調査をして、浮気の証拠が取れたら終わり」ではなく、離婚訴訟や解決に導くためのアドバイスも行っております。離婚問題に詳しい弁護士や離婚相談アドバイザーとの連携・行政書士との提携など、 「浮気の証拠は取れたけど、何をどうして良いか判らない」 といった皆様のお手伝いもしております。

  • 調査対応地域一覧


cookieについて

探偵業登録 埼玉県公安委員会 第43150035号
運営管理:トラスト・アイ総合探偵事務所深谷市相談窓口

Copyright © 2022 【女性専用】埼玉県深谷市の浮気調査|トラスト・アイ総合探偵事務所女性専用の探偵事務所|トラスト・アイ総合探偵事務所 All rights reserved.