対応エリア館林市

群馬県館林市の浮気調査について

浮気は大切な方を裏切る卑劣な行為です!
当社は、その裏切り行為を絶対に許しません!

浮気調査・浮気証拠の収集なら当社にお任せください!
最近、納得がいかない言い訳や、嘘が多いと感じていませんか?
相談する人がいない為、一人で悩んでいませんか?
離婚裁判などの証拠資料の収集もお任せください。
早い段階での調査が、あなたを守ります。

調査力+低料金に自信があります!!

浮気調査は、調査力の差がもっとも表れやすい調査だと言われています。何故なら他の調査と違い失敗が絶対に許されないからです。

浮気調査の対象者に調査されている事が判ってしまうと、その後の調査が継続困難になるばかりか、依頼された方の立場が不利になってしまう場合もあります。ですから、まず調査力を重視して探偵選びをされる事が重要になってきます。

しかし、いくら調査力が高くても、調査料金まで高くなってしまうようでは、意味がありません。
「調査力+低料金」こそが何よりも重要な事です。深谷市周辺の浮気調査、不倫調査は是非、お任せください。

浮気を認めさせるには確実な証拠が必要です!!

確実な証拠もなく相手に問い質しても素直に認める人は居ません。
事前に用意したアリバイや、自分に都合の良い言い逃れを並べ「どうして信じられないんだ!!」と逆ギレをされるだけです。確かな証拠を持たない追求は、逆にあなたが不利になるだけです。

浮気調査と聞くと、皆さんは重く受け止めがちですが、探偵社への依頼は年々増え続け、悩める依頼者の強い味方になっています。
別れる場合は「決定打の武器」に。修復の場合は「目を覚まさせる切り札」に。

浮気調査専門のプロだからこそ、つかめる証拠やお伝えできるアドバイスがあります。あなたの中に抱いてしまった不信や疑惑に決着をつけ、今よりも良い方向に進んでいきませんか?
おひとりで悩みや疑念を抱え込まず、ご相談ください。

当社は最新鋭機器を使い、調査の省力化を行い調査料金の限界に挑戦しています

当社は浮気調査専門の探偵事務所です。初めての方や主婦の方が、調査料金が気になり依頼する事に中々、踏み出せないケースが多い事から、深谷市を中心とした浮気調査料金を1時間:1500円に設定しています。

低料金だから調査に問題があるのでは?と思われる方もいると思いますが、当社では低料金実現の為に最新鋭の調査機器を導入して、無駄な張り込み・追跡等を無くし低価格でも確かな浮気の証拠を掴み、多くの方々から満足の声を多数頂いております。

深谷市を中心とする浮気調査、不倫調査のご依頼は是非、「卑劣な裏切り行為」は絶対に許さない当社へお任せください

「調査力+低価格」で依頼者様にお応えする為のトラスト・アイの取り組み

  • 状況を確認して適切な調査計画を立案し、ご提案を行います。
  • 最新鋭調査機器を使い、対象者の行動パターンや行動範囲を特定します。
  • 得られた情報をもとに、張り込み・追跡などを行い、調査の無駄を無くします。
  • 調査員の人数は、可能な限り最少に抑えながら証拠の確保に努めます。

どこよりも低価格で確かな調査結果!!

浮気調査の料金について

浮気調査を依頼される皆さんが調査内容よりも、まず一番に心配されるのが料金の事ではないでしょうか。

当社が最低調査費用を1500円としているのも、少しでもパートナーの浮気に苦しむ方々のお役に立てればとの思いから設定させて頂いております。

浮気調査の料金は、依頼される方が得たい情報・裁判等でも有効な証拠や、調査を行う対象者の行動範囲・対象者の移動手段に伴う車両やバイクの有無、日数・調査時間・最低限必要な人員数、女性調査員の必要有無などを検討した上で算出させて頂きます。

当社では、依頼者様から詳しくお話を伺った上で適切なアドバイスを行い、調査方法を選択させて頂きます。
ご面談の際に、ご予算・ご希望する調査の証拠や今後の事など、トラスト・アイ総合探偵事務所深谷市相談窓口までお気軽にご相談ください。

確かな浮気の証拠を掴み、ご満足頂ける報告書を作成

調査完了後、調査内容をまとめた報告書をお渡しいたします。
対象者の写真、時間、行動、場所や地図、相手の人物の特徴などを詳細に記載しております。

ご依頼者様が希望された調査内容や、ご契約の内容に合わせた浮気調査の記録です。例えば不貞行為を確認する場合、対象者がホテルや相手の自宅等への出入りする瞬間を撮影していきます。

作成する報告書は、紙以外にDVDなどの記録媒体でもお渡しをしております。

ご満足頂ける確実な証拠を掴み、ご報告する事を心がけています。

  • 撮影日時と場所が明確に記載された証拠資料と画像をお渡し致します。
  • 調査開始時の開始場所ならびに調査人員を正確に記載致します。
  • 対象者の行動や、浮気の相手と思われる人物の特徴を明確に記載致します。
  • 電車・バス等の路線名・乗車時間と駅等の正式名称を正確に記載致します。
  • 移動手段に車両等を使用する場合は、移動経路等を明確に記載致します。
  • 浮気の相手と行った店舗及び娯楽施設等の名称・所在地を正確に記載致します。
  • 確実な証拠と呼べる報告書を作成致します。

群馬県館林市について

館林市(たてばやしし)は、群馬県南東部にある市。旧邑楽郡。上毛かるたで「ツル舞う形」と喩えられた群馬県の「ツルの頭」に位置する。

概要

今から約2万年前に館林に最初に人々が住み始めた事が確認されている。中世になると赤井氏、長尾氏、由良氏などが館林を本拠地とし、最終的には1590年に徳川四天王の一人である榊原康政が関東以北への押さえとして館林城に入り城下町を整備した。江戸時代の第五代将軍徳川綱吉が城主だった時期(25万石)もある。

ツツジの名勝・群馬県立つつじヶ岡公園や、全国的に有名な分福茶釜の物語で知られる茂林寺、群馬県立館林美術館、製粉ミュージアムなどの観光地がある。

群馬県の平成の大合併以前からあった市としては、唯一市町村合併を行わなかった市であるが、邑楽郡大泉町を除く邑楽郡4町との合併に向けた研究会を設置している(現在協議中)。小麦が多く取れることから、日本のチェルノーゼムと自称している。また七五三は、館林城主徳川徳松の健康回復を願って1681年に始まったものが全国に広がった。

歴史

旧石器時代・縄文時代
紀元前2万年~1万年 - 石器の発見により館林に旧石器時代(2万年前)から人々が住み始めたことが分かった。またそれより後の縄文時代の住居跡、石器、土器も発見された。当時はこの辺りまでが海であり館林は海への玄関口であった。
弥生時代・古墳時代
紀元前300年ころ - 伝衛門遺跡・北近藤第一地点遺跡など150以上の地点で弥生時代の住居跡が発見されている。古墳時代になると天神双子古墳、山王山古墳、淵の上古墳など多数の古墳が作られた。調査の結果この地方は当時の中央政権の勢力下であったようである。
奈良時代・平安時代
769年 - 書物『続日本紀』に「邑楽郡」(当時の館林も含むこの地方一帯の名前で、読みはヲハラキ又はオホアラキ)が登場する。ちなみに現在も館林以外の東毛地方を邑楽郡(オウラグン)と言う。
927年 - 書物『延喜式』にも「邑楽郡」が登場する。この当時の邑楽郡内の地名には「長柄・疋田・池田・八田」があると記されている。
1108年 - この時代中世の所領が形成され館林・邑楽一体には藤原氏系譜の佐貫荘が成立した。その後1184年の一ノ谷の戦い後、佐貫荘の佐貫広綱は頼朝の御家人となる。

館林城本丸跡
鎌倉時代・室町時代
1199年 - 頼朝が没し実権が北条氏に移ると佐貫荘など最有力の御家人を次々滅ぼし所領を没収。
1333年 - 南朝の新田義貞と北朝の足利尊氏の対立が激化。館林一帯の佐貫荘は足利、新田両軍に分裂した。
1338年 - 足利尊氏が室町幕府を開く。新田方の佐貫荘は所領を没収された。この頃館林一帯に足利方の佐貫荘の一族、舞木氏が頭角を現す。
1416年 - 関東管領上杉禅秀が、足利持氏と対立。上杉方に舞木氏、岩松氏(新田一族)が加わり参戦する。しかしこの乱は鎮圧され上杉禅秀は自害。翌1417年、今度は岩松氏が蜂起するが、この時は舞木氏は足利方として戦い、岩松満純を討ち取りその首を鎌倉へ差し出した。
1454年 - 羽継原合戦が勃発。佐貫荘舞木氏の被官赤井氏が台頭を表す。(赤井、舞木両氏とも足利成氏に重用される。)
1471年 - 幕府・上杉方が足利荘と佐貫荘に侵攻。赤井文三、赤井文六が館林城に籠城して上杉勢と戦う。しかし、館林城は落城。上杉方は古河へ進撃、成氏は敗走した。当時の館林城は上杉方・足利方の中間に位置し両陣営攻防の拠点であった。
1562年 - 上杉謙信(長尾景虎)が館林城を攻める。城主赤井文六は降伏し、忍城(現在の埼玉県行田市)へ落ちのびる。上杉謙信は館林城を長尾景長に与える。景長の没後、長尾家を金山城主次男(現在の群馬県太田市)由良顕長が継ぐ。長尾・由良陣営は「新田・館林・足利」にまたがる一大勢力になった。
1574年 - 長尾・由良陣営は北条氏との関係強化に踏み出す。これに反発した上杉謙信は新田・館林・足利各所に大々的に放火。これを長尾・由良陣営は防戦。
安土桃山時代
1578年 - 長尾氏の下で東毛地域の勧農開拓の為の植林、用水路事業を行い多大なる貢献をした大谷休泊(大谷新左衛門)が没する。
1584年 - 北条氏直が館林城を攻める。翌年落城し館林城は北条氏規に与えられる。館林領は北条氏の直轄領となる。
1590年 - 豊臣秀吉が北条氏討伐のため出兵。石田三成を将とする軍勢2万人を館林城に向かわせる(その他関東の北条氏の城にも攻撃)。館林城側は6千人が篭城。5月22日、石田勢は軍勢を三手に分け総攻撃するも4ヶ月たっても城が落ちなかった。石田勢は館林城東南の大沼(城沼)からの侵攻を計画するも、城攻め用に調達した大量の大木が消失する。北条氏勝から稲荷が館林城の鎮守として祭られていることを知ると、狐の霊験を恐れ開城交渉を申し入れた。城側もこれを受け入れ5月末退散した。この年徳川家康の江戸御打入り。江戸の総奉行で徳川四天王の一人榊原康政が館林城主となり、10万石を領する。康政は8月19日、領内茂林寺に対し寺中への狼藉・竹木伐採・放牛馬についての禁制を下す。
1591年 - 榊原康政が竜興寺に対し寺中への禁制を下す。
1595年 - 榊原康政が利根川、渡良瀬川の両川に計54キロに及ぶ堤防を築く大工事を行う。これにより河川の氾濫が大幅に低下した。
1597年 - 館林城城下町に南北通り(日光脇往還)が完成。また、館林内の薬師堂、善導寺、天神宮、観音堂などを城の西側に移設。その後、成島、当郷、小桑原、谷越、足次の5村の農民を新設の城下町に移住させ町民とする(新町人は地税免除)。館林城を中心に城下町、寺社を配置しその周囲を塀で囲み5つの門を設ける。館林城を江戸にいる徳川の防戦砦として整備した。
1600年 - 関ヶ原の戦いが起こる。榊原康政は徳川家康の子徳川秀忠について参戦する。資金不足で戦いに間に合わなかった秀忠に家康は会おうともしなかったが、康政は身をもって家康に侘び父子の仲直りが実現した。以後秀忠は家康没後も榊原康政に殊遇を忘れなかった。

城沼
江戸時代
1605年 - 榊原康政の愛妾お辻が他の側室の妬みに耐えかねて、城沼に身を投げて自殺。これを知った村の人々がお辻の死を哀れみ生前に愛したツツジの木を1本、城沼の南岸、龍灯の松のかたわらに植え、その霊を慰めた。
1606年 - 5月14日、榊原康政が館林城内で死去し善導寺に葬られる。遺領は三男の康勝が継ぐ。
1617年 - 徳川家康の遺骸が日光山改葬のため、館林城下を通過。
1627年 - 榊原忠次が城沼の南丘にツツジの名木808株を多数移植。領民遊覧のため拡張する。(現在のつつじヶ丘公園)
1661年 - 後の徳川5代将軍徳川綱吉が館林城主となる(館林宰相とよばれた)。館林城は25万石の城となり、また大改築も実施されたため、大変壮大な名城となった。本丸・二の丸・三の丸・屋敷百家・旗本など大名小路は多くの人々で満ち溢れ、館林の繁栄はまるで「江戸の全盛期」のようであったと書物『館林記』に記されている。この時、館林城に近い下野国2郡7村が邑楽郡に編入し、綱吉の新領地に加わる。また、館林城鐘もこの年に鋳造。
1676年 - 過重な年貢に苦しむ名主小沼庄左衛門ら18名が越訴の罪で処刑される(日向義民)
1680年 - 徳川綱吉が徳川幕府第5代の将軍に任ぜられ権大納言となる。綱吉の子徳川徳松(当時2歳)が館林城主になる。
1681年 - 病弱な徳川徳松の健康回復を願って儀式(現在の七五三)が行われる。
1683年 - 5月28日午後8時、徳松が病死し、館林城が廃城になる。以後館林は代官が支配する。
1707年 - 徳川綱重の次男越智松平氏が館林城主になる。館林城の再築に着手。再築費3万1千両を賄うため領民に増税を割り当てる。目に余る苦しみに領民が享保の館林一揆を起こす。首謀者の田谷村名主小池藤左衛門ら3人が処刑される。
1837年 - 館林出身の生田万が乱を起こす。襲撃の際の重症をうけ切腹をとげる。享年37。
1845年 - 山形藩より秋元志朝が館林城に入封。幕府の権力衰退の中、江戸の大地震をきっかけに藩政の大改革を断行。多くの江戸の家臣を館林に移した。また、館林藩校の求道館を整備拡充し、造士書院と改称。優秀なものを江戸に遊学させる。
1863年 - 館林藩が雄略天皇稜の修理を完了する。
1868年 - 館林藩は官軍として戊辰戦争を戦う。東北各地の戦功により永世1万石を下賜される。

旧上毛モスリン事務所(館林市第二資料館内)
明治時代
1869年 - 江戸幕府が倒れる。版籍奉還により旧館林藩主、秋元礼朝が館林藩の知事となる。
1871年 - 廃藩置県により館林県設置。館林城が県庁舎となる。同年11月に新設された栃木県に編入。
1873年 - 学制に基づき進修学舎・小学西舎・小学東舎などの学舎が開学する。
1873年 - 正田文右衛門が千葉県野田市の茂木房五郎より醤油醸造業を勧められ、正田醤油を創業。
1874年 - 大名小路から出火、館林城の大部分が焼ける。当時の書物「邑楽郡誌」には「城内大名小路より失火し折からの西風にあおられ南側どおりを焼き払い城楼に飛び火し瞬時にして、数百年来の名城を烏有にきせしめたるは惜しみても尚余る事なり」と記されている。
1876年 - 右大臣岩倉具視から「群馬県となるように」と達しがあったことから館林は群馬県の管轄となる。
1878年 - 第四十国立銀行が設立し、開業。
1889年 - 町村制施行により邑楽郡内に、館林町、郷谷村、大島村、赤羽村、六郷村、三野谷村、多々良村、渡瀬村が誕生。
1897年 - 館林出身の文豪田山花袋が島崎藤村、国木田独歩、柳田國男らと「叙情詩」を出版する。
1900年 - 初代館林名誉市民である正田貞一郎が小室良七らとともに「館林実業談話会」を設立。館林発展のために商工業を起こすことを決定。その後、館林製粉会社(日清製粉)を代官町(現・第一小)に設立する。その後正田貞一郎は吉田茂内閣の時に産業功労者として貴族院議員に勅選された。
1902年 - 荒井藤七、鈴木平三郎の両氏が日本の今後の産業についてモスリンの可能性に着目。同志数名とともに荒井織物工場(後の上毛モスリン株式会社)を設立。館林や、東京・関西の資本も加わり上毛モスリンは驚異的な発展を遂げる。1907年には大阪株式市場に上場を果たす。
1907年 - 東武伊勢崎線川俣-足利間開通に伴い、館林駅が開業。上毛モスリンが館林城跡地二の丸を秋元氏より買収。工場を大幅に拡充。またモスリン工場から館林停車場までトロッコ軌道が引かれる。(モスリン新道)
1907年 - 田山花袋が「蒲団」を発表。
大正時代
1916年 - 館林町立実科高等女学校(現群馬県立館林女子高等学校)が開校
1916年 - 館林町の人口:12, 248名。館林町のマラリア患者数:30名。
1917年 - 上毛モスリンで群馬県下初のストライキが起きる。「女工の争議」として新聞に掲載され、社会的に注目される。
1921年 - 群馬県立館林中学校(現・群馬県立館林高等学校)が開校。
1924年 - 館林出身の画家小室翠雲が文展審査員から帝国美術院会員の勅任待遇となる。(その後帝室技芸員に任じられる)

旧館林市役所庁舎(現・館林市市民センター)
昭和時代
1936年 - 館林出身の版画家藤牧義夫が「ガード下のスパーク」を出展。1938年には第14回帝展に「給油所」を出品し入選。
1939年 - 館林出身の彫刻家藤野天光がニューヨークの万国博覧会に出展。1947年には日本彫刻家連盟の設立に参加。
1945年 - 米軍機による爆撃を受ける。2月10日に渡良瀬地区が空襲を受け、1人負傷。7月10日にも空襲を受け、3人死亡する。
1954年 - 市制施行により館林町と郷谷、大島、赤羽、六郷、三野谷、多々良、渡瀬の各村が合併し、邑楽郡を離脱し館林市が誕生。初代館林市長は遠藤仁之輔。1956年には館林市章、館林市歌が制定。
1958年 - 11月27日、皇太子明仁親王自身の強い意思により、皇室が始まって以来初めて庶民の中から妃が選ばれ、当市とゆかりの深い正田家より正田美智子が選ばれた。正田美智子を生んだ正田家の地元である当市では、大変な奉祝に満ち溢れていた。
1959年 - 4月10日、皇太子明仁親王と正田美智子のご成婚当日、当市内目抜き通りにはお祝いする紅白の巨大なアーチや幕が飾られた。全国からマスコミが押しかけ、市内の道路には社旗をはためかせた取材車が走り回った。全市を挙げて奉祝行事を行い、家々には日章旗が掲げられた。
1960年 - 茂林寺北側に広がる茂林寺沼とその一帯の湿原が県の天然記念物に指定される。
1963年 - 館林市庁舎落成記念式典が挙行される。
1970年 - 館林市民憲章が制定。
1972年 - 東北自動車道館林インターチェンジが開通。館林まつりがはじまる。
1974年 - 市制20周年記念。市の花、市の木、市の鳥が制定。館林城三の丸跡に館林文化会館、図書館がオープン。
1978年 - 郷土資料館(現・第一資料館)がオープン。
1981年 - 館林市市役所が現在の新市庁舎に移転する。城沼総合体育館、第二資料館がオープン。
1983年 - 皇太子ご夫妻が、館林に。あかぎ国体ご臨席のため行啓される。
1984年 - 市制施行30周年記念。「館林市民のつどい」を開催。
1986年 - 三の丸芸術ホール、城沼市民プールがオープン。
1987年 - 田山花袋記念館、勤労青少年ホームがオープン。

群馬県立館林美術館
平成時代
1989年 - 約2キロの保安林に彫刻の小径が完成。
1991年 - 館林子ども科学館(現・向井千秋記念子ども科学館)がオープン。プラネタリウムの全天周映画上映開始。
1993年 - 総合福祉センターがオープン。
1994年 - 市制施行40周年記念式典が開催される。当市出身の向井千秋がNASAのスペースシャトルで日本人女性初となる宇宙飛行を達成。
1998年 - 向井千秋が日本人初となる2度目の宇宙飛行を達成。
2001年 - 県内2館目となる群馬県立館林美術館がオープン。「自然と人間」をテーマに「シロクマ」などの近現代美術作品を展示。
2004年 - 市制施行50周年記念式典が盛大に挙行される。
2005年 - 大西飛行場で撮影された映画『ALWAYS 三丁目の夕日』が大ヒットを記録
2007年 - 館林駅開業100周年。全国で観測史上8位となる最高気温40.3℃の猛暑日を記録。
2009年 - 7月27日、F2スケール(風速約50m~69m)の竜巻が発生、21人が重軽傷を負う災害が発生。歴史の小径事業を開始(1.5キロにわたり歴史的建造物を移築し整備)。12月には館林駅の新駅舎が完成し東西通路が竣工。
2012年 - 日清製粉株式会社が製粉の歴史を学べる博物館、製粉ミュージアムを創業の地である当市にオープン。
2016年 - 板倉町との間に法定合併協議会を設置。

調査依頼相談前に読んでほしい記事

トラスト・アイ総合探偵事務所|調査項目

調査依頼相談はこちらから

  • 埼玉県深谷市の浮気調査|トラスト・アイ総合探偵事務所 代表者挨拶

    埼玉県深谷市の浮気調査|トラスト・アイ総合探偵事務所

    当探偵事務所が浮気調査・不倫調査を専門に行っているのは、浮気は大切な方や家族を裏切る最も卑劣な行為だからです。

    「浮気調査をして、浮気の証拠が取れたら終わり」ではなく、離婚訴訟や解決に導くためのアドバイスも行っております。離婚問題に詳しい弁護士や離婚相談アドバイザーとの連携・行政書士との提携など、 「浮気の証拠は取れたけど、何をどうして良いか判らない」 といった皆様のお手伝いもしております。

  • 調査対応地域一覧


cookieについて

探偵業登録 埼玉県公安委員会 第43150035号
運営管理:トラスト・アイ総合探偵事務所深谷市相談窓口

Copyright © 2021 【女性専用】埼玉県深谷市の浮気調査|トラスト・アイ総合探偵事務所女性専用の探偵事務所|トラスト・アイ総合探偵事務所 All rights reserved.