対応エリアさいたま市

埼玉県さいたま市の浮気調査について

浮気は大切な方を裏切る卑劣な行為です!
当社は、その裏切り行為を絶対に許しません!

浮気調査・浮気証拠の収集なら当社にお任せください!
最近、納得がいかない言い訳や、嘘が多いと感じていませんか?
相談する人がいない為、一人で悩んでいませんか?
離婚裁判などの証拠資料の収集もお任せください。
早い段階での調査が、あなたを守ります。

調査力+低料金に自信があります!!

浮気調査は、調査力の差がもっとも表れやすい調査だと言われています。何故なら他の調査と違い失敗が絶対に許されないからです。

浮気調査の対象者に調査されている事が判ってしまうと、その後の調査が継続困難になるばかりか、依頼された方の立場が不利になってしまう場合もあります。ですから、まず調査力を重視して探偵選びをされる事が重要になってきます。

しかし、いくら調査力が高くても、調査料金まで高くなってしまうようでは、意味がありません。
「調査力+低料金」こそが何よりも重要な事です。深谷市周辺の浮気調査、不倫調査は是非、お任せください。

浮気を認めさせるには確実な証拠が必要です!!

確実な証拠もなく相手に問い質しても素直に認める人は居ません。
事前に用意したアリバイや、自分に都合の良い言い逃れを並べ「どうして信じられないんだ!!」と逆ギレをされるだけです。確かな証拠を持たない追求は、逆にあなたが不利になるだけです。

浮気調査と聞くと、皆さんは重く受け止めがちですが、探偵社への依頼は年々増え続け、悩める依頼者の強い味方になっています。
別れる場合は「決定打の武器」に。修復の場合は「目を覚まさせる切り札」に。

浮気調査専門のプロだからこそ、つかめる証拠やお伝えできるアドバイスがあります。あなたの中に抱いてしまった不信や疑惑に決着をつけ、今よりも良い方向に進んでいきませんか?
おひとりで悩みや疑念を抱え込まず、ご相談ください。

当社は最新鋭機器を使い、調査の省力化を行い調査料金の限界に挑戦しています

当社は浮気調査専門の探偵事務所です。初めての方や主婦の方が、調査料金が気になり依頼する事に中々、踏み出せないケースが多い事から、深谷市を中心とした浮気調査料金を1時間:1500円に設定しています。

低料金だから調査に問題があるのでは?と思われる方もいると思いますが、当社では低料金実現の為に最新鋭の調査機器を導入して、無駄な張り込み・追跡等を無くし低価格でも確かな浮気の証拠を掴み、多くの方々から満足の声を多数頂いております。

深谷市を中心とする浮気調査、不倫調査のご依頼は是非、「卑劣な裏切り行為」は絶対に許さない当社へお任せください

「調査力+低価格」で依頼者様にお応えする為のトラスト・アイの取り組み

  • 状況を確認して適切な調査計画を立案し、ご提案を行います。
  • 最新鋭調査機器を使い、対象者の行動パターンや行動範囲を特定します。
  • 得られた情報をもとに、張り込み・追跡などを行い、調査の無駄を無くします。
  • 調査員の人数は、可能な限り最少に抑えながら証拠の確保に努めます。

どこよりも低価格で確かな調査結果!!

浮気調査の料金について

浮気調査を依頼される皆さんが調査内容よりも、まず一番に心配されるのが料金の事ではないでしょうか。

当社が最低調査費用を1500円としているのも、少しでもパートナーの浮気に苦しむ方々のお役に立てればとの思いから設定させて頂いております。

浮気調査の料金は、依頼される方が得たい情報・裁判等でも有効な証拠や、調査を行う対象者の行動範囲・対象者の移動手段に伴う車両やバイクの有無、日数・調査時間・最低限必要な人員数、女性調査員の必要有無などを検討した上で算出させて頂きます。

当社では、依頼者様から詳しくお話を伺った上で適切なアドバイスを行い、調査方法を選択させて頂きます。
ご面談の際に、ご予算・ご希望する調査の証拠や今後の事など、トラスト・アイ総合探偵事務所深谷市相談窓口までお気軽にご相談ください。

確かな浮気の証拠を掴み、ご満足頂ける報告書を作成

調査完了後、調査内容をまとめた報告書をお渡しいたします。
対象者の写真、時間、行動、場所や地図、相手の人物の特徴などを詳細に記載しております。

ご依頼者様が希望された調査内容や、ご契約の内容に合わせた浮気調査の記録です。例えば不貞行為を確認する場合、対象者がホテルや相手の自宅等への出入りする瞬間を撮影していきます。

作成する報告書は、紙以外にDVDなどの記録媒体でもお渡しをしております。

ご満足頂ける確実な証拠を掴み、ご報告する事を心がけています。

  • 撮影日時と場所が明確に記載された証拠資料と画像をお渡し致します。
  • 調査開始時の開始場所ならびに調査人員を正確に記載致します。
  • 対象者の行動や、浮気の相手と思われる人物の特徴を明確に記載致します。
  • 電車・バス等の路線名・乗車時間と駅等の正式名称を正確に記載致します。
  • 移動手段に車両等を使用する場合は、移動経路等を明確に記載致します。
  • 浮気の相手と行った店舗及び娯楽施設等の名称・所在地を正確に記載致します。
  • 確実な証拠と呼べる報告書を作成致します。

埼玉県さいたま市について

概要

さいたま市(さいたまし)は、埼玉県の南部東寄りに位置する市。同県の県庁所在地(浦和区)。政令指定都市の一つであり、10の行政区を設置している。約129万人の人口を有し、日本で9番目に人口が多い市となっている。

歴史

2001年(平成13年)5月1日以前の歴史については、浦和市・大宮市・与野市・岩槻市も参照。

先史時代
現さいたま市域には、旧石器時代より人が居住しており、大宮台地の関東ローム層から大古里(おぶさと、緑区)遺跡、明花向(みょうばなむかい、南区)遺跡などの遺跡から、旧石器時代の遺物が出土している[9]。

縄文時代前期には、世界的な温暖化の進行により海面上昇が進み(縄文海進)、荒川や元荒川の下流域は海面下に没した(奥東京湾。このうち、大宮台地の西側の水域は「古入間湾」とも呼ばれる[10])。このため、内陸県である埼玉県や栃木県でもこの時代の貝塚が発見されており、さいたま市内においても、当時の海岸線に近い大宮台地の縁辺部に白幡貝塚(南区)、大谷場貝塚(南区)、大戸貝塚(中央区)、中川貝塚(見沼区)等の貝塚が残されている。寒冷化の進んだ縄文時代の後期・晩期の遺跡は少なくなるものの、真福寺貝塚(岩槻区、国の史跡)、馬場小室山遺跡(緑区、埼玉県の史跡)、南鴻沼遺跡(中央区)などの遺跡がある[11]。

弥生時代、古墳時代に入ると、本格的な水稲耕作が行われるようになる中で、低地をのぞむ台地の縁辺部や、低地の自然堤防に多くの集落が形成されるようになった。古墳は、植水古墳群・側ヶ谷戸古墳群(西区)、大久保古墳群・土合古墳群(桜区)など古入間川沿いの台地縁辺部や低地に多く見られる[12]。

古代
奈良時代に律令体制が整備されると、現さいたま市のうち岩槻区は埼玉郡に、それ以外の9区は足立郡に含まれるようになった。和名類聚抄には足立郡に7つの郷が所載されており、そのうち堀津(ほっつ)、殖田(うえた)、郡家(ぐうけ)、発度(はっと)、大里(おおさと)の5郷を現さいたま市域内に比定する説があるが、堀津郷や発度郡はさいたま市外に比定する説もあり、定かではない。延喜式神名帳には、現さいたま市域では氷川神社、調神社、足立神社の3座が所載されている(式内社) [13]。

平安時代中頃には、国司に抵抗する群盗の蜂起が続発して治安が悪化した武蔵国では、地方豪族や荘園管理者などが農民などを集めて武装化するようになり、やがてそのような武装集団が武士となっていった。938年(天慶元年)、足立郡司として現在の浦和や大宮を含む足立郡一帯を支配していたと考えられる武蔵武芝と、武蔵権守の興世王・武蔵介の源経基との対立が生じ、これがやがて平将門の乱の契機となったが、乱に巻き込まれる中で武蔵武芝は失脚し、以降足立氏などが足立郡司として登場した[14]。

中世
1160年(平治元年)の平治の乱の際、源義朝に従って破れた足立遠元は、その後足立郡に逼塞していたと考えられているが、1180年(治承4年)に挙兵して鎌倉入りした源頼朝から足立郡の郡郷領掌を安堵され、以後有力御家人として重用された。足立遠元の屋敷は現桶川市の川田谷に比定する説と、現さいたま市西区の植田谷に比定する説とがある。この他、鎌倉時代に現さいたま市域に勢力を有した武士として、髙鼻和氏、麻弥屋氏、箕勾氏、渋江氏、柏崎氏などがある[15]。

現戸田市西部からさいたま市南区西部にまたがる佐々目郷は、1293年(正応6年)から4度に分けて鎌倉の鶴岡八幡宮に寄進されたが、1394年(応永元年)以降、鶴岡八幡宮による支配に抵抗する農民の闘争がたびたび生じた[16]。

室町時代の関東地方では幾度にわたる戦乱が生じ、現さいたま市域もその戦乱の場となった。観応の擾乱においては、1350年(観応元年)に羽祢蔵(現:桜区羽根倉)にて合戦が行われ、足利尊氏方の髙麗経澄が足利直義方の難波田九郎三郎らを破っている[17]。

また、享徳3年12月27日(1455年1月15日)に享徳の乱が勃発すると、現さいたま市一帯は古河公方方と関東管領方との対峙の場となった。1456年(康正2年)には、古河公方の足利成氏の家臣である簗田持助が足立郡に討ち入ってその大半を押領した。また岩付城は、関東管領方の(扇谷)上杉持朝の家臣である太田資清・資長(道灌)父子による築城であるとする説と、古河公方方の成田正等による築城であるとする説とがあり、築城後も太田氏が城主となった時期について複数の説があるなど、両勢力の角逐が続いた。

その後、長享の乱(1487年 - 1505年)における長期間にわたる山内上杉家と扇谷上杉家との抗争を経て、関東地方における上杉氏の力は消耗し、かわって後北条氏の勢力が次第に拡大することとなった。1524年(大永4年)には北条氏綱の勢力がすでに三室郷に及んでおり、この頃から現さいたま市域一帯は岩付太田氏の勢力と後北条氏の勢力の接点となったが、やがて1546年(天文15年)の川越夜戦にて北条氏康軍が勝利すると、武蔵国における後北条氏の勢力拡大はさらに本格化した。そのような状況下で、やがて1564年(永禄7年)には太田氏資がその父である太田氏清を追放して北条氏康に内応し、その結果、一帯は後北条氏の支配体制下におかれることとなった[18]。

しかし、1590年(天正18年)には豊臣秀吉による小田原征伐の過程で岩付城も陥落した。これにより後北条氏による支配は終わり、かわって豊臣秀吉の命で関東地方を与えられた徳川家康が関東入りした[19]。

近世
徳川家康は、関東における支配を固める過程で、江戸の近隣に幕府領や旗本領、譜代大名を多く配置した。江戸時代の幕藩体制下で現さいたま市域におかれた藩としては、岩槻城を藩庁とする岩槻藩がある。現さいたま市域のうち、岩槻区域の大部分はこの岩槻藩の所領であった。一方、他の9区の区域は幕府領や旗本領を中心に、さらに寺社領や岩槻藩領が入りまじり、さらに相給も多いという、複雑で細分化された支配体系下にあった[20]。

江戸時代に、現さいたま市域において街が形成されていたのは、岩槻町、浦和宿、大宮宿、与野町、および大門宿の5か所であった。このうち、岩槻町が唯一の城下町であり、またこの岩槻町と大門町が、将軍の日光参詣や岩槻藩の参勤交代の経路として用いられた日光御成街道の宿場町である。また、浦和宿と大宮宿は、五街道の1つとして整備された中山道の宿場町であり、与野町は甲州街道と日光御成街道を結ぶ脇往還である奥州道中岩槻道の継立場として成立した街である。しかし、大門宿の規模はきわめて小さく、また浦和宿や大宮宿も中山道の宿場町の中では比較的小規模であって、与野町の方が規模の大きい街であった[21]。

江戸時代は、利根川・荒川流域において、多数の河川の付け替えや沼地の干拓が行われた時代であり、現さいたま市域もその影響を大きく受けることとなった。まず、1629年(寛永6年)には関東郡代の伊奈忠治らが、利根川東遷事業の一環としてそれまで現在の元荒川へと流れていた荒川の河道を、現在の熊谷市久下付近で締切り、和田吉野川・市野川を経由して入間川筋に流す河川改修を実施した。この河川の付け替えにより、元荒川筋では水害が減少して新田開発が盛んに行われるようになった反面、入間川筋ではより一層洪水の危険性に晒されることとなった[22]。同じく1629年には灌漑用水の確保を目的として、現在の東浦和駅南東側付近の芝川をせきとめる八丁堤も築堤され、その上流側に見沼溜井が形成された。

1728年(享保13年)には、享保の改革の一環として新田開発を進めていた徳川吉宗の命を受けた井沢弥惣兵衛が、八丁堤を切り開いて見沼溜井を干拓して新田とし(見沼田圃)、それにかわる水源として利根川から見沼代用水(現さいたま市域は見沼代用水東縁と見沼代用水西縁に分流)を開削させた。1732年(享保17年)には見沼代用水西縁から分水する形で高沼用水路が開削され、見沼に続いて鴻沼が干拓された。さらに1731年(享保16年)には、もとの八丁堤があった付近に日本で最古級の閘門式運河である見沼通船堀が開削され、見沼代用水東縁・見沼代用水西縁と芝川をつなぐ内陸水運路となった。

また、江戸時代には現上尾市域から現南区域にかけての広い範囲が、紀伊徳川家や徳川将軍家の鷹場となっていた[23]。

近代
明治維新の過程において、日本の地方行政に関わる制度が府藩県三治制(1868年 - )、版籍奉還(1869年)、廃藩置県(1871年)と移行してゆく中で、現さいたま市域では1869年(明治2年)1月に大宮県が設置されたが、大宮県の実質的な県庁機能は東京府日本橋馬喰町に置かれた。同年9月には県庁が浦和宿(現:浦和区)に移転し、県名も浦和県へと変更された。一方、岩槻藩は1871年(明治4年)7月の廃藩置県により岩槻県となった。その後、同年11月に、浦和県、岩槻県、忍県が合併して埼玉県が誕生、県庁は旧浦和県庁に置かれた。

日本初の鉄道開業(新橋駅 - 横浜駅(現桜木町駅)間)から11年後の1883年(明治16年)には、日本鉄道の上野駅 - 熊谷駅間(現:京浜東北線・高崎線の経路に相当)が開通し、現さいたま市域では初の鉄道駅である浦和駅が開業した。 

市域西部を流れる荒川は、1907年(明治40年)8月と1910年(明治43年)8月に水害を起こし、特に1910年の水害は、関東大水害として知られる。荒川をはじめ埼玉県内の多数の河川が大雨により氾濫し、埼玉県や東京府の広い範囲が浸水するなど、大規模なものとなった。これらの水害を契機に、荒川では「荒川下流改修計画」「荒川上流改修計画」が策定され、一体的な治水対策や河川改修工事が行われるようになった。しかしながら、戦争を含む当時の日本の経済・社会情勢の影響を受け、工事は当初予定よりも大幅に時間を要することとなった。現さいたま市域は、荒川上流改修計画に含まれているが、これによる河川改修工事は、開始年が1918年(大正7年)、付帯工事も含めた終了年は1954年(昭和29年)のことである。これにより、さいたま市付近の荒川は、幅2km弱にわたる河川敷を有することとなった[24]。

1923年(大正12年)の関東大震災は現在のさいたま市域、なかでも浦和と大宮の発展に大きな影響を及ぼすことになる。この時期埼玉県では主要都市中心部で「耕地整理事業」の名による区画整理が始まっていたが、中でも早期に耕地整理事業が進み、震災の時点ですでに中心部付近に整備された碁盤状の街区を設けていた旧浦和町は震災被害も軽微で(死者は3名[25])、壊滅した東京や横浜から人口が流入し、特に別所沼の周辺をはじめとする地域には画家をはじめとした文化人が移住した。彼らは「浦和画家」と呼ばれる文化人コミュニティーを形成し、文教都市、浦和の発展に寄与した。一方大宮ではやはり震災を契機として、大宮町・大砂土村境界部に東京・小石川から盆栽業者が集団移転し、盆栽村組合が設立されて厳格な景観に対する取り決めを行い、盆栽村が形成された。これら関東大震災後に浦和、大宮に花開いた文化は現在でも文化的遺産となっている。

1927年(昭和2年)に宮脇梅吉が埼玉県知事に就任。宮脇は、県庁のある浦和の単独市制もしくは浦和・大宮・与野の三町と六辻・三橋の二村の合併による一大都市圏実現を構想した。宮脇は在任わずかで他県に転出して実現しなかったが[26]、1931年(昭和6年)に宮脇が再び埼玉県知事に就任。自論を再び展開し、日進を加えて三町三村の合併による「大埼玉市構想」を強く提唱する[26]。しかし大宮町の負債総額が浦和町を大幅に上回っていたことから浦和町が合併に消極的であったといわれ[27]、合併は実現せず。1934年(昭和9年)、市制施行により浦和市が発足。これは都道府県庁所在地として最も遅い市制施行であった。また、浦和・大宮・与野・六辻・三橋の1市2町2村の上水道を取り扱う「埼玉県南水道組合」(後の埼玉県南水道企業団、現:さいたま市水道局)が設立され、「大埼玉市」構想の一部が実現した[26]。

1939年(昭和14年)には浦和市が、与野・六辻と戸田・蕨等の一市三町六村での合併を呼びかけ。大宮町も、浦和市・与野町との独自の合併案を提示する[26]。翌年の1940年(昭和15年)、埼玉県が仲介して大宮案での合併交渉に入り、六辻・日進を加えて一市三町五村での合併で一応の合意。しかし、各論では反対が続出して交渉は打ち切りとなる。11月に大宮町は交渉不調に備えて別個に合併交渉を進めていた三橋・大砂土・宮原・日進の4村と合併し、同時に市制施行により大宮市が発足。1943年(昭和18年)には、埼玉県知事の大津敏男が浦和・大宮・与野との二市一町で埼玉市を設立する合併構想を打ち出すも、戦争の激化により立ち消えとなった。

太平洋戦争中は、埼玉県内を管轄する浦和連隊区司令部が置かれ、戦争末期の1945年(昭和20年)には、浦和に第36軍が置かれた。市域では4月14日に浦和と大宮、5月26日に再び浦和が空襲を受け死傷者が生じ、また浦和への爆撃予告ビラが投下されるなどしたが、県内最大の空襲である熊谷空襲のような大規模空襲に遭うことはなかった[28]。終戦後進駐軍の占領下になると埼玉会館に埼玉軍政部が置かれた。

現代

みそのウイングシティ
戦後の高度経済成長に伴う東京都心の人口過密によって、至近の現さいたま市域も人口流入が進み、日本で最も人口増加の著しい地域の一つとなった。武蔵野線・埼京線・新幹線・埼玉高速鉄道等の鉄道、東北自動車道・東京外環自動車道・首都高速道路等の高速道路が相次いで開通し、東京都心部への近さから21世紀を迎えても社会増(移住者)が依然続き、市街地の拡大が進んでいる。区画整理事業(一覧)も進んでおり、埼玉スタジアム2002を中心としたみそのウイングシティは計画人口3万人以上の市内最大規模の開発事業となった。2010年から2015年の人口増加率は政令市中で福岡市、仙台市に次いで多い(日本の市の人口順位参照)。また、主要駅周辺部では再開発事業(一覧)が活発化し、高層建築物が増加した。市内で最も高さがある建物はランド・アクシス・タワー(略称:L.A.タワー)(168m)、最も階数が高い建物はライブタワー武蔵浦和(38階)となっている。2001年には戦前(1927年)から数度浮上した合併構想が結実し、さいたま市が発足した(下記)。さいたま新都心には霞が関から政府機関が移転するなど、首都圏における代表的な業務集積地としての一面も見せている。

合併に関する経過と合併後の沿革。旧市に関する詳細な歴史は各4市の項目を参照。

浦和市・大宮市・与野市の合併
1953年(昭和28年) - 9月、町村合併促進法が制定される。いわゆる「昭和の大合併」の始まり。
1954年(昭和29年) - 2月、埼玉県が県内323市町村を81市町村にまで合併再編する合併試案を示し、浦和市・大宮市周辺では浦和市・大宮市・与野町・大久保村・土合村の2市1町2村による合併試案が示される。しかし浦和市は大久保村・土合村を編入する合併、大宮市は周辺6村を編入する合併を構想し、この枠組みでの合併は実現せず[29]。11月、与野町が大久保村に合併を申し込むも、実現せず[30]。
1955年(昭和30年) - 1月、浦和市が大久保村・土合村を編入、大宮市が周辺6村(春岡、七里、片柳、植水、馬宮、指扇)を編入。2月、与野町議会に北部を大宮市、南部を浦和市に編入させ、中央部を残存させる案が提出されるも、反対議員や町民が議場を取り囲んで開会できず、与野町はそのまま残る[31]。
1958年(昭和33年) - 市制施行により与野市が発足。
1962年(昭和37年) - 浦和市議会が、三市と川口・蕨での五市合併を呼びかけ。第一段階で三市、第二段階で川口・蕨との合併をするというものだった。
1973年(昭和48年) - 三市の市長が合併に関して初会談。また、北九州市の合併推進派の理論的支柱となった都市社会学者の磯村英一が、三市について「合併しなければ、背を向け続けるであろう」と警告。
1980年(昭和55年) - 10月、県南中央地域の都市間相互のゆるやかな連合を掲げ、浦和市、大宮市、上尾市、与野市、伊奈町の4市1町および埼玉県による「埼玉中枢都市首長会議」が発足。
1982年(昭和57年) - 4月、従前の首長会議の名称を「埼玉中枢都市圏首長会議」に変更。9月、「埼玉中枢都市圏構想・基本構想」策定。
1985年(昭和60年) - 12月、「埼玉中枢都市圏構想」の名称を「さいたまYOU And Iプラン」(構成4市1町の英表記頭文字を組み合わせた名称)に変更。
1990年(平成2年) - 7月、「政令指定都市化」を公約にして、新藤享弘が大宮市長に就任。だが、単独での実現は現実的には不可能であり、合併による政令指定都市化を目指すものだった。これには与野市長の井原勇も同調した。
1991年(平成3年) - 4月、「政令指定都市化」を公約にして、相川宗一が浦和市長に就任。これに難色を示した現職の中川健吉を破っての就任であった。
1992年(平成4年) - 4月、国土庁が4市1町の圏域を「埼玉中枢都市圏域業務核都市基本構想」として承認。
1993年(平成5年) - 6月、旧国鉄操車場跡地に、国の10省庁17機関の移転決定。12月、4市1町の強固な連合を目標とした「彩の国YOU And Iプラン」を策定。以後、合併政令指定都市化の動きが活発化する。
1995年(平成7年) - 7月19日 、上尾市が浦和市・大宮市・与野市からの合併協議会設置請求に対し拒否回答。
1997年(平成9年)
12月18日 - 任意協議会「浦和市・大宮市・与野市合併推進協議会」が設置される[32]。
1998年(平成10年)
4月15日 - 新市の名称の議論を付託された「第2小委員会」が設置される。
10月30日 - 大宮市の提案に基づき、3市の市民代表・学識経験者・マスコミ関係者で構成される「浦和市・大宮市・与野市新市名検討委員会」が設置される(会長:兵藤釗埼玉大学学長)。
11月2日 - 第2小委員会開催。新市名検討委員会から「新市名公募」との報告を受ける。大宮市は公募方式に対し態度を保留するも、同月10日に新市名検討委員会は国内外からの公募を再確認。その後、上尾市・伊奈町の扱いをめぐり大宮市が審議をボイコット。浦和市は審議正常化を求め戸田市・蕨市も合併に加えることを提案。
1999年(平成11年)
6月25日 - 3市先行合併、合併後に上尾市・伊奈町の意向確認を行う旨の合意が行われ(6・25合意)、審議が正常化。
8月 - 19日、大宮市議会の反対で公募先送り。28日、公募実施要項に「6・25合意」を盛り込むことで公募の実施を合意。31日、第14回第2小委員会で市名の公募の実施を合意。
2000年(平成12年)
1月10日 - 市名の公募を実施。期限の2月18日までに全国から67,665件、8,580種類の応募がなされる。その結果は、『埼玉市』が1位(7117票)、『さいたま市』が2位(3821票)というものであった。また合併を構成する各市の名称を用いる案は『大宮市』が3位(3008票)、『浦和市』が6位(1821票)となったが、大宮市以外の地域からの『大宮市』への応募は24.8%、浦和市以外の地域からの『浦和市』への応募は29.7%と少なく、浦和市からの『大宮市』への応募は1.1%、大宮市から『浦和市』への応募は3.7%であった[33]。また、『与野市』は100位以内に入らなかった[34]。
3月26日 - 新市名検討委員会での検討の結果、『埼玉市』(公募1位)・『さいたま市』(2位)・『彩都市』(5位2495票)・『さきたま市』(7位1374票)・『関東市』(37位217票)の5案が市名候補として選考され、第2小委員会委員長及び小委員会に報告される。
4月4日 - 第22回第2小委員会が開催。浦和市・与野市から『さいたま市』、大宮市から『大宮市』の2つの市名案が提案される。なお、『大宮市』の名称は、大宮市の提案で設置された新市名検討案が提出した市名候補5案にはないものだった。
4月11日 - 第23回第2小委員会が開催。『埼玉』などの名称を使用しないでほしいとする要望書を提出した、行田商工会議所会頭・行田市埼玉地区自治会連合会会長が招聘される。
4月17日 - 第25回第2小委員会が開催。大宮市側は新市の市役所の位置について、「さいたま新都心周辺地域が望ましいとの意見を踏まえ、将来の新市の事務所の位置についての検討や庁舎建設基金を創設を行う」旨[35]を合併協議書に盛り込むことで、新市名を『さいたま市』とすることに合意した[36]が、合併後は「将来の市役所の位置」に関する合併協定書の文言に関する解釈を巡って対立が見られる(市の中心となる浦和市側の反発により、さいたま新都心に設置すると表記していないため)。
4月24日 - 第21回合併推進協議会が開催。新市名を 『さいたま市』とする旨委員長報告があり、議案が提出。即日議決される。なお、さいたま市の「さ」の字体は、2画目と3画目が連続した字体(「ち」の鏡文字)を正式としたが、市民などが住所を表記する際にはどちらでも構わないとしている。
4月29日 - 法定協議会「浦和市・大宮市・与野市合併協議会」が設置される。
5月5日 - 浦和市、大宮市、与野市の市境域の旧国鉄操車場跡地にて、さいたま新都心がまちびらき。
9月5日 - 合併協定調印式。
合併、政令指定都市へ
2001年(平成13年)
3月28日 - 浦和市東部(岩槻市南部も含む)の大規模開発・みそのウイングシティ(計画人口31,200人)の開発に先駆け、埼玉高速鉄道及び浦和美園駅が開業。
5月1日 - 浦和市、大宮市、与野市が合併し、さいたま市発足。
7月29日 - 上尾市が「さいたま市との合併の是非を問う住民投票」を実施。「反対(58.3%)」・「賛成(41.7%)」という結果となる。
8月6日 - 伊奈町が合併協議を断念する旨を表明。8日には、上尾市が住民投票の結果を受け、合併協議を辞退する旨を正式に表明。
2002年(平成14年)
6月 - 2002 FIFAワールドカップの準決勝(ブラジルvsトルコ戦)など4試合が埼玉スタジアム2002で開催。
11月20日 - 市議会が「政令指定都市関連議案(区の設置並びに区の事務所の位置、名称及び所管区域を定める条例案)」を可決。
2003年(平成15年)
1月26日 - 岩槻市が「岩槻市の合併に関する住民投票」を実施。「さいたま市との合併(52.6%)」・「合併しない(38.8%)」・「春日部市、宮代町、杉戸町、庄和町との合併(8.5%)」との結果となる。
2月5日 - 住民投票の結果を受け、岩槻市がさいたま市に対し合併協議の申し入れを行う。さいたま市は、24日にこの申し入れを受け入れる。
4月1日 - さいたま市が政令指定都市に移行し、9つの行政区が発足。
7月15日 - 任意協議会「さいたま市・岩槻市任意合併協議会」設置。
2004年(平成16年)
6月25日 - 法定協議会「さいたま市・岩槻市合併協議会」設置。
8月24日 - 合併協定調印式。
岩槻市を編入、現在のさいたま市が成立
2005年(平成17年) - 4月1日、さいたま市が岩槻市を編入合併し、旧岩槻市の市域を区域とする岩槻区が発足。
2006年(平成18年) - みそのウイングシティ(緑区・岩槻区)が街開き(区画整理事業は現在も継続している)。
2007年(平成19年) - さいたま市立中央図書館(浦和区・浦和パルコを併設)が開館。
2009年(平成21年) - 川越線日進駅〜指扇駅間に西大宮駅(西区)が開業。
2013年(平成25年) - ツール・ド・フランスさいたまクリテリウムが初開催。
2015年(平成27年)
4月1日 - 「文化財産等取得基金」を編入し、「文化芸術都市創造基金」が創設。この基金をもとにトリエンナーレなどのイベント開催、浦和区の「うらわ美術館」を「さいたま市立美術館」(仮称)に発展的に開設する構想がある。
11月 - さいたま国際マラソンが初開催。
2016年(平成28年)9月〜12月 - さいたまトリエンナーレ開催(後に「さいたま国際芸術祭」と改称される)。
2020年
2月22日 - 旧岩槻区役所跡に「岩槻人形博物館」を開館予定(岩槻区)。
7月 - 東京オリンピックが開催、埼玉スタジアム2002(サッカー)及びさいたまスーパーアリーナ(バスケットボール)が競技会場となる(予定)。
時期未定 - みそのウイングシティ内に順天堂大学医学部附属病院の新病院が開院、同時に大学院の新キャンパスも開学(予定)。
2020年以降 - 埼玉高速鉄道の浦和美園駅から岩槻駅までの区間が延伸(予定)。

調査依頼相談前に読んでほしい記事

トラスト・アイ総合探偵事務所|調査項目

調査依頼相談はこちらから

  • 埼玉県深谷市の浮気調査|トラスト・アイ総合探偵事務所 代表者挨拶

    埼玉県深谷市の浮気調査|トラスト・アイ総合探偵事務所

    当探偵事務所が浮気調査・不倫調査を専門に行っているのは、浮気は大切な方や家族を裏切る最も卑劣な行為だからです。

    「浮気調査をして、浮気の証拠が取れたら終わり」ではなく、離婚訴訟や解決に導くためのアドバイスも行っております。離婚問題に詳しい弁護士や離婚相談アドバイザーとの連携・行政書士との提携など、 「浮気の証拠は取れたけど、何をどうして良いか判らない」 といった皆様のお手伝いもしております。

  • 調査対応地域一覧


cookieについて

探偵業登録 埼玉県公安委員会 第43150035号
運営管理:トラスト・アイ総合探偵事務所深谷市相談窓口

Copyright © 2021 【女性専用】埼玉県深谷市の浮気調査|トラスト・アイ総合探偵事務所埼玉県深谷市の浮気調査【女性専門】|トラスト・アイ総合探偵事務所 All rights reserved.