トラスト・アイ総合探偵事務所「浮気に関する豆知識」

浮気相手も含めた三者協議とは・・

旦那の浮気が発覚し、浮気相手も含めた三者協議
旦那の浮気が発覚し、いろいろ揉めた末に浮気相手の女性も含め三者で協議することになった。
この時、私は浮気相手とは初対面で、旦那も私も離婚を決めていた。私は役所で離婚届を貰ってくるついでに、なんとなく婚姻届も貰ってきた。私と旦那が離婚届にサインしたあと、婚姻届を出して「良かったらこれを使って」と言ったら、その浮気相手は少し黙って、「まだ結婚はできません」と言った。
それを聞いて驚いたが、私以上に驚いていたのが旦那。お互いに結婚願望があると思っていたようだから、私もおかしいとは思いつつ「すぐに出しに行くこともないので、必要な時に使って」と言ったら、「旦那さんとは結婚できません」ときた。
旦那がカッときて「何でだ」と叫ぶと、そこから二人の喧嘩が始まり、私はポカーンと眺めるだけ。浮気相手がすぐに結婚できない理由は他にあるのかも知れないが、喧嘩で逆上したためか「だって本当は結婚までするつもりは無かったんだもん!」と言ってしまい、さらに喧嘩が炎上することになった。最終的には、3人バラバラになる結果に・・・
旦那に「やっぱりお前の方がいい」と言われたけど、面倒臭いので一蹴。
その後、謝罪のメールが数回来たけど、無視してあっさり離婚成立。

<解説>
このケースでは夫婦間で離婚を合意した後、旦那さんの浮気相手も交えて協議したため、浮気相手は結婚する意志がないことが発覚しました。
離婚は夫婦間の問題ですので、第三者を交えての協議はお勧めできません。
離婚後のそれぞれの生活については、お互いに干渉することはできませんので、旦那が浮気相手と結婚するかどうかは全く関係のないことになります。
浮気の内は良い関係でも、結婚話を持ち出すと躊躇するのは良くあるケースです。

浮気調査のトータルサポート

調査項目

Contents

  • 代表者挨拶

    埼玉で浮気・不倫調査を行う【トラスト・アイ総合探偵事務所】代表 牧野 義智

    当探偵事務所が浮気調査・不倫調査を専門に行っているのは、浮気は大切な方や家族を裏切る最も卑劣な行為だからです。

    「浮気調査をして、浮気の証拠が取れたら終わり」ではなく、離婚訴訟や解決に導くためのアドバイスも行っております。離婚問題に詳しい弁護士や離婚相談アドバイザーとの連携・行政書士との提携など、 「浮気の証拠は取れたけど、何をどうして良いか判らない」 といった皆様のお手伝いもしております。

対応エリア


cookieについて

探偵業登録 埼玉県公安委員会 第43150035号
運営管理:トラスト・アイ総合探偵事務所深谷市相談窓口

Copyright © 2019 女性専門の探偵事務所トラスト・アイ総合探偵事務所 All rights reserved.