トラスト・アイ総合探偵事務所「浮気に関する豆知識」

キャバクラは不倫になるのか?

よく「キャバクラ行くなんて浮気!」という女性は多いですが、元より「キャバクラに行くのが好き」という男性も多く、そこまでキャバクラに興味の無い男性だとしても「仕事の付き合いで仕方なく…」という人もまた多いです。そして男性にとっては「風俗はわかるけど、キャバクラまで浮気って厳しすぎじゃない?」という意識を持っている人も多いのです。では実際にキャバクラに行くことが浮気と認められ不貞行為となるのか?という部分を詳しく説明していきたいと思います。

(1) キャバクラに行くだけなら浮気にならない

そもそも、不倫と呼ばれる行為は「結婚している相手以外の異性と肉体関係を持つこと」と法律で定められています。
なので「そんなー!」と複雑に感じる女性も多くいるかもしれませんが、キャバクラに通い楽しむだけであれば、不貞行為はおろか浮気にすらならず、慰謝料を取ろうなんてもっての外なのです。

(2) キャバクラ嬢と肉体関係があれば当然不倫になる

最近は「枕営業」と言って、嬢の方から肉体関係を持ちかけ、自分の成績の為に男性客と肉体関係を持ちその見返りとして指名や高いお酒を頼んでもらうという営業をするキャバクラ嬢も多く居ます。
そのような事があるので、キャバクラに通っただけでは浮気にはなりませんが、もし通っているキャバクラ嬢と肉体関係を持ってしまえば、これは当然不貞行為に当たります。

(3) キャバクラ嬢から慰謝料請求はできる?

旦那さんがキャバクラ嬢との肉体関係を持っていれば慰謝料請求できると前述で説明しましたが、これはキャバクラ嬢相手にも必ず当てはまるというわけではありません。キャバクラ嬢から慰謝料請求できるのは、男性が既婚者だと知っていた場合のみになります。なので、男性が既婚者と知らなかった。独身だと言われて居たという場合は一般の女性と同じく肉体関係を持った浮気相手も被害者になるケースがあります。

(4)けれど肉体関係が無くても慰謝料を取れる場合もある

肉体関係が無く、不貞行為とは認められなくてもキャバクラ通いが原因で慰謝料を取って離婚したというケースも過去にあります。
それは、キャバクラ通いが原因で生活費を使い込んでしまい生活ができなくなってしまうようなケースです。また、お金に余裕があってもキャバクラに通い詰めることが原因で夫婦関係や家族関係が破綻してしまった場合です。
このような場合は、旦那さんがキャバクラに通いつめたことが原因で、精神的苦痛を継続的に味合わされたり、実際に生活していけなくなったという理由で慰謝料を請求できる可能性があります。

(5) 結局は話し合いが大切

いくら不貞行為とはみなされず、慰謝料が取れないとしてもキャバクラに行くことを浮気と考える女性は、男性が思っているよりも多いです。
そして女性としても男性には会社などの付き合いもあり、実際にキャバクラに行きたい!と思っていなくても行かなければならないという事情があることを理解している女性も居ます。
なので、結局のところはきちんとパートナーと話し合い「相手が傷つくことはしない」という気持ちを大切にし、どうしても譲れない部分は出来る範囲で譲り合いをし互いに不満を持たない関係を持てるようにすることが大切でしょう。

いかがでしたでしょうか?よく「キャバクラ行くなんて浮気!別れる!」と口にする女性も居ますが、付き合っているだけであればまだしも、結婚していると「キャバクラに行っただけ」だと不倫とは認められず、キャバクラ嬢との肉体関係やキャバクラに行くことで生活が破綻するなど事情がないと離婚することはできません。パートナー同士の話し合いのもとお互い不満がない状態で付き合いを続けられるようにするのが一番良いでしょう。

浮気調査のトータルサポート

調査項目

Contents

対応エリア


cookieについて

探偵業登録 埼玉県公安委員会 第43150035号
運営管理:トラスト・アイ総合探偵事務所深谷市相談窓口

Copyright © 2018 女性専門の探偵事務所トラスト・アイ総合探偵事務所 All rights reserved.